平和島骨董まつりFestival

「平和島骨董まつり」とは?

「平和島 全国古民具骨董まつり」は、国内で最も古い室内骨董イベントです。1978年、まさに骨董ブームが巻き起こるなか、品川プリンスホテルのゴールドホールにおいて、それまで急激に台頭してきた骨董青空のみの市の集大成として、日本全国から骨董アンティーク業者100余軒を集めて第1回を開催。爾来、2020年12月の開催で182回を数える日本で一番古く、歴史のある入場無料で国内最大級の室内骨董イベントです。

都内近郊の有力骨董業者を中心に、日本全国から、毎回200店舗以上のディーラーが、約4500平米の会場に数十万点の珍品・稀品・生荷(うぶに)を集めて来てくれます。まさに北海道から九州まで、日本全国からの出店があり、さながら全国骨董行脚の様相を呈しております。

毎回どんな物が陳列されるのか、その時々の出店業者の仕入れ次第。まったく何が出てくるか判りません。それは、毎回数百人にも及ぶ、ディーラータイムに入場する仕入れ目的の同業者の入場に、顕著に反映されています。

その歴史と場所柄から、外国からも多くの来場者が訪れています。また半数以上の出店者が第1回目から出店しており、信頼と実績の骨董市です。
会場
会場
会場
会場

開催スケジュール

2020年12月
11日(金)、12日(土)、13日(日)
10:00~17:00(最終日のみ入場は15:00まで、閉場16:00)
※開催決定しました。2020年はコロナウィルス感染拡大の影響を受け、3・5・6・9月と連続開催中止になりました。1年ぶりの再開となります。満を持しての開催です。出店業者もたくさんの荷物と期待をもって参加いたします。ご期待ください。
2021年3月
5日(金)、6日(土)、7日(日)
10:00~17:00(最終日のみ入場は15:00まで、閉場16:00)
※開催決定
※注意事項
遠方からの出店業者が多いため、最終日は、午後には片付けが始まります。
午前中、早めのご来場をお願い致します。

入場料金

入場料金は無料ですので、どなたもお気軽にお越しくださいませ。

ディーラータイムについて

開催日前日に行っている、仕入れ業者の方々へ向けたディーラータイムについてはご料金をいただいております。
詳細は下記項目をご確認ください。

フライヤー

会場

会場

2019年12月 第181回
会場

会場

2019年9月 第180回
会場

会場

2019年6月 第179回
会場

会場

2019年5月 第178回
会場

会場

2019年3月 第177回
会場

会場

2020年12月 第182回

交通案内

JR「浜松町」で東京モノレールに乗り換え/「流通センター」駅下徒歩1分
JR京浜東北線「大森」駅/京浜急行線「平和島」駅より 平和島循環バスあり
車 首都高速「平和島」出口よりすぐ
※駐車場(有料)はありますが、収容台数に限りがあります。なるべく公共機関をご利用ください。
併催のイベントがあったりすると大変混雑となり、駐車場に入るのに数時間以上待たされる事もまれにあります。
交通案内